継続的なプロセス改善を促進する: 常に、最初の段階から適切に行う

カーエレクトロニクスの製造において、高性能で信頼性に優れたADASカメラをコスト効率よく製造すること以上に難しいことはそれほど多くはありません。この難題を克服するには、生産装置やテスト装置からだけでなく、材料や消耗品のサプライヤーからもパラメーターデータを収集し、そのデータに強力な分析手法を適用して、実行に移すことのできるインサイトをリアルタイムで取得することが必要です。これが、迅速な対応を通じて、製品パフォーマンスを向上させるとともに、コストがかかるスクラップの発生を防止するための唯一の方法です。

バリューチェーン内のサイロを相互に関連付ける

OptimalPlusでは、ADASカメラに関するバリューチェーン内のあらゆるプロセスからデータが収集、調整、分析され、そのデータが相互に関連付けられます。外れ値や異常が検出されると、リアルタイムで予防措置を講じられるように、アラートが送信されます。また、現場やプロセスのデータが設計にフィードバックされるため、絶えず設計を改善することができます。

製品の性能を確保

強力な機械学習アルゴリズムが、カメラに潜む不具合を特定して、プロセスの早い段階でそうした外れ値に関するアラートを通知します。これに基づいて、搬入されたレンズや生産ライン内のレンズの性能を向上させ、最終テスト時のスクラップ率を減少させることができます。

材料、装置、プロセスを最適化

パフォーマンスをリアルタイムで監視し、プロセスの重要指標をリアルタイムでフィードバックすることで、装置と工具の状態の改善につなげます。問題が検出されると、早期対応を促すアラートが送信されるため、必要に応じて装置の調整や適応を直ちに実施できます。さらに、予防保全も可能となるため、ダウンタイムが減少し、生産ラインの効率が向上します。

その他のソリューションを見る

電動化: EVのパワートレインの品質と効率を改善し、
スクラップ率を減らす

機械学習とビッグデータ分析を利用して大規模な多変量解析を行い、スクラップ率に最も影響を与える要因を特定します。
詳しく見る