有力企業からの信頼

OptimalPlusとは

OptimalPlusは、自動車、半導体、エレクトロニクス業界向けのライフサイクル分析ソリューションにおけるグローバルリーダーです。ティア1サプライヤーとOEMにサービスを提供しています。OptimalPlusのオープンプラットフォームは、既存ツールとシームレスに統合でき、機械学習をグローバルなデータインフラストラクチャと組み合わせて、リアルタイムに製品分析を提供し、サプライチェーン全体から収集したデータを基に新たな情報を抽出します。OptimalPlusは、年間1,000億台を超えるデバイスからデータを収集、分析し、歩留まりや効率性などの重要な製造指標を高め、製品の品質と信頼性を向上し、サプライチェーン全体を可視化します。OptimalPlusは、アジアを始め、ヨーロッパや米国、イスラエルにオフィスを保有しています。

動画を見る

チーム紹介

Dan Glotter
創業者兼CEO
2005年にOptimalPlusを設立。半導体業界と最近ではエレクトロニクス業界向けのビッグデータ分析のパイオニアの一人。
Dan Glotter
創業者兼CEO
2005年にOptimalPlusを設立。半導体業界と最近では自動車企業とエレクトロニクス業界向けのビッグデータ分析のパイオニアの一人。OptimalPlusの設立以前は、1994年から2004年にわたり、Intelの半導体部門、テスト業務部門で経営管理職を歴任。Intel在職中、Intelアチーブメント・アワードとIntelクオリティー・アワードを受賞。テクニオン – イスラエル工科大学で学士(理学)を取得。バル=イラン大学でMBA(専攻: ファイナンス)を取得。
Kiki (Yitzhak) Ohayon
事業開発担当バイスプレジデント
ハイテク分野において、開発、業務運営、戦略計画立案のほか、グローバルチームの管理に25年以上従事。
Kiki (Yitzhak) Ohayon
事業開発担当バイスプレジデント
ハイテク分野において、開発、業務運営、戦略計画立案のほか、グローバルチームの管理に25年以上従事。Omrix BiopharmaceuticalsでBiologic Plantのゼネラルマネージャーを務めた後、2015年にOptimalPlusに参画。それ以前は、Intelに15年間在籍し、要職を歴任。テクニオン – イスラエル工科大学で学士(理学)を取得。ヘブライ大学でMBAを取得。
Doug Elder
半導体事業部門担当バイスプレジデント兼ゼネラルマネージャー
半導体業界、エレクトロニクス業界において、ハードウェア、ソフトウェア、製造部門の上級経営幹部を歴任。その幅広い経験を携えて、2018年にOptimalPlusに参画。
Doug Elder
半導体事業部門担当バイスプレジデント兼ゼネラルマネージャー
半導体業界、エレクトロニクス業界において、ハードウェア、ソフトウェア、製造部門の上級経営幹部を歴任。その幅広い経験を携えて、2018年にOptimalPlusに参画。それ以前は、Teradyneの半導体テスト事業部門のバイスプレジデント兼ゼネラルマネージャーを始め、Boston Semi Equipment Groupのプレジデント兼CEO、Automation EngineeringのCEO兼プレジデントなどの要職を歴任。ユニオン大学でコンピューターサイエンスの学士(理学)を取得。ジョージ・ワシントン大学経営大学院でEMBAを取得。
Uzi Baruch
自動車事業部門バイスプレジデント兼ゼネラルマネージャー
世界規模の大手ハイテク企業数社で、R&DチームとR&Dプロジェクトの管理に20年近く従事。2016年にR&D担当のバイスプレジデントとしてOptimalPlusに参画。以来、OptimalPlusのビッグデータサービスを牽引。
Uzi Baruch
自動車事業部門バイスプレジデント兼ゼネラルマネージャー
世界規模の大手ハイテク企業数社で、R&DチームとR&Dプロジェクトの管理に20年近く従事。 2016年にR&DのバイスプレジデントとしてOptimalPlusに参画。以来、OptimalPlusのビッグデータサービスを牽引し、データセントリック戦略による顧客の製造革新を支援。OptimalPlusに参画する前は、NICEでEnterprise GroupのR&D部門のバイスプレジデントを務める。オープン大学でコンピューターサイエンス・経営管理学の学士号を取得。
Eran Rousseau
製品管理担当バイスプレジデント
ソフトウェア開発、チーム管理、実践的ソリューション導入に関して15年以上の経験を持つ。Intelに7年間在籍後、2006年にOptimalPlusに参画。
Eran Rousseau
製品管理担当バイスプレジデント
ソフトウェア開発、チーム管理、実践的ソリューションの導入に15年以上従事。Intelに7年間在籍後、2006年にOptimalPlusに参画。OptimalPlusでは米国のカスタマーサクセス部門のバイスプレジデントを始めとする要職を歴任。現在はOptimalPlusの製品ロードマップ全体を統括。エルサレムのハダサー大学でコンピューターサイエンスの学士(理学)を取得。
Aliza Tamir
CMO(最高マーケティング責任者)
有名なグローバル企業数社で要職を歴任。Microsoft UKでサービス組織の責任者を務めた後、2017年にOptimalPlusに参画。
Aliza Tamir
CMO(最高マーケティング責任者)
有名なグローバル企業数社で要職を歴任。Microsoft UKでサービス組織の責任者を務めた後、2017年にOptimalPlusに参画。それ以前は、NICEでマーケティング部門のグローバルバイスプレジデントを務めたほか、NetafimでCMOや戦略部門のバイスプレジデントを務める。また、Microsoftでは、レドモンド本社でワールドワイドストラテジックプランニングディレクターを務めるなど、17年間の在任期間中に様々な要職を歴任。テルアビブ大学で環境学を学び、ウォートンビジネススクールでエグゼクティブ・マネジメント・プログラム(EMP)を修了。
Itay Even-Hen
R&D担当バイスプレジデント
大規模なソフトウェア開発を15年間にわたり主導。NICEのエンタープライズR&D部門でバイスプレジデントを務めた後、2019年初めにOptimalPlusに参画。
Itay Even-Hen
R&D担当バイスプレジデント
Itamar Eder
CFO(最高財務責任者)
2018年にOptimalPlusに参画。複数の多国籍企業においてCFOを務めるなど、25年近くにわたり経営幹部として活躍。
Itamar Eder
CFO(最高財務責任者)
2018年にOptimalPlusに参画。Eden Springs Groupや、Amiad Filtration Systems、Surf Communication Solutionsを始めとする多数の多国籍企業のCFOを務めるなど、25年近くにわたり経営幹部として活躍。財務管理・報告に関する幅広い専門知識を持つ。大規模な資金調達や借り換えプロジェクトのほか、数々の複雑なM&AやIPOを主導してきた実績を持つ。経済・経営に関する学士号と、MBA(専攻: ファイナンス、アカウンティング)を取得。
Michael Schuldenfrei
コーポレート・テクノロジー・フェロー
2006年にOptimalPlusに参画。ソフトウェアテクノロジーと情報テクノロジーの分野で30年以上の経験を持つ。OptimalPlusに参画以来、チーフソフトウェアアーキテクトやCTO(最高技術責任者)を始めとする指導的役割を担う。
Michael Schuldenfrei
コーポレート・テクノロジー・フェロー
2006年にOptimalPlusに参画。ソフトウェアテクノロジーと情報テクノロジーの分野で30年以上の経験を持つ。OptimalPlusに参画以来、チーフソフトウェアアーキテクトやCTO(最高技術責任者)を始めとする指導的役割を担う。それ以前は、SAPでシニアソフトウェアアーキテクトを務め、Microsoftとの共同開発プロジェクトを主導。Microsoftでもソフトウェアアーキテクトとして、同社の主要顧客とのコンサルティングサービスを主導した実績を持つ。また、ActionBaseではR&D部門のバイスプレジデントとして同社の経営管理エンタープライズソリューションの開発を指揮。
Sarah Warshavsky Oberman
人事担当バイスプレジデント
Teva Pharmaceuticalsでグローバル人事戦略プログラムの責任者を務めた後、2018年にOptimalPlusに参画。
Sarah Warshavsky Oberman
人事担当バイスプレジデント
Sarah joined OptimalPlus in 2018, Teva Pharmaceuticalsでグローバル人事戦略プログラムの責任者を4年間務めた後、2018年に人事関連の戦略、システム、プロセス構築の専門家としてOptimalPlusに参画。IntelやMicronを始めとする半導体業界の有力企業において製造・機器メンテナンスチームを主導した経験も持つ。ヘブライ大学で政治学の学士号を取得。テルアビブ大学でMBAを取得。 serving as the Global HR Strategic Programs Lead at Teva Pharmaceuticals for four years, bringing expertise in establishing HR strategy, systems, and processes. Sarah also brings experience in leading production and equipment maintenance teams in the semiconductor industry, having served at leading companies including Intel and Micron. Sarah holds a BA in Political Science from the Hebrew University and an MBA from Tel-Aviv University.
Kenneth Levy
取締役会会長
KLA-Tencor(NASDAQ: KLAC)Corporationの名誉会長。KLAC) Corporation.30年以上にわたり、半導体資本設備業界に従事。
Kenneth Levy
取締役会会長
KLA-Tencor(NASDAQ: KLAC)Corporationの名誉会長。KLAC) Corporation.30年以上にわたり、半導体資本設備業界に従事。電気工学の学士号と修士号を取得後、航空宇宙シミュレーション分野で6年の経験を積み、Computervision Corporationの立ち上げチームに参画。Computervisionでは、Cobilt部門を通じて、同社の半導体資本設備業界への参入に貢献。1976年にKLA Instruments Corporationを設立。同氏のリーダーシップの下、KLAはフォトマスクやレチクル検査、ウェーハ不良検査、ウェーハ測定、イールドマネジメントソフトウェアなどの半導体製造設備関連の新しい市場で圧倒的なポジションを確立。KLA InstrumentsとTencor Instrumentsは1997年に合併。KLA-Tencorは現在、半導体製造業界および関連業界向けの工程管理ソリューションの世界的リーダーとして、売上高数十億ドル規模の企業にまで成長。Semiconductor Equipment and Materials Institute(SEMI)の名誉取締役、Juniper Networks、Extreme Networks、Ultratech Stepper, Incの取締役も務める。また、非公開企業数社の取締役を務めるほか、ベンチャーキャピタル2社の相談役も務めている。業界に対する多大な貢献が認められ、ウェーハ製造分野における「SEMMY」半導体製造装置材料協会(SEMI)賞を始め、SEMI Lifetime Achievement award(SEMI生涯功労賞)やハーバード・ビジネス・スクール・アソシエーションの「Entrepreneur of the year(アントレプレナー・オブ・ザ・イヤー)」賞を受賞。 「半導体業界向けの自動検査システムの開発と商業化」が認められ、全米技術アカデミー(NAE)会員にも選出。
Aaron Mankovski
取締役
1996年にベンチャーキャピタルを設立。Eucalyptus Venturesを共同設立、以来同社のマネージングディレクターを務める。
Aaron Mankovski
取締役
1996年にベンチャーキャピタルを設立。Eucalyptus Venturesを共同設立、以来同社のマネージングディレクターを務める。ハイテク分野において、16年間にわたる経営管理(CEO、営業・マーケティング)の経験を持つ、Eucalyptusの設立前は、Orbotech Ltd.(NASDAQ: ORBK)のバイスプレジデントとして、世界各地のオペレーション、販売、顧客サポート部門(4大陸で約500人)を所管。ORBK)。テルアビブ大学でコンピューターサイエンス統計学の学士(理学)を取得。Chromatis Networks(Lucentに47億5,000万ドルで売却)の取締役も務めた経験を持つ。
Adi Gan
取締役
1997年にEvergreen入社。Evergreenの光通信、通信インフラ企業への投資を担当。先端技術の評価に関して15年以上の経験を持つ。
Adi Gan
取締役
1997年にEvergreen入社。Evergreenの光通信、通信インフラ企業への投資を担当。先端技術の評価に関して15年以上の経験を持つ。Evergreen入社前は、大手ソフトウェアサービス会社のTescom(TASE:TSCM)のリアルタイムシステム部門のバイスプレジデント兼ビジネスユニットマネージャーを務める。テクニオン-イスラエル工科大学で物理学の学士(理学)を取得。テルアビブ大学で極めて優秀な成績を収め、非線形光学の理学修士を取得。
Dan Glotter
取締役
2005年にOptimalPlus(旧: OptimalTest)を設立。半導体業界と最近ではエレクトロニクス業界向けのビッグデータ分析のパイオニアの一人。
Dan Glotter
取締役
2005年にOptimalPlus(旧: OptimalTest)を設立。半導体業界と最近ではエレクトロニクス業界向けのビッグデータ分析のパイオニアの一人。OptimalPlusの設立以前は、1994年から2004年にわたり、Intelの半導体部門、テスト業務部門で経営管理職を歴任。Intel在職中、Intelアチーブメント・アワードとIntelクオリティー・アワードを受賞。テクニオン – イスラエル工科大学で学士(理学)を取得。バル=イラン大学でMBA(専攻: ファイナンス)を取得。
David (Dadi) Perlmutter
取締役
最近まで、Intel Architecture Group(IAG)のエグゼクティブバイスプレジデント、ゼネラルマネージャー、Intel Corporationのチーフプロダクトオフィサーを務める。
David (Dadi) Perlmutter
取締役
最近まで、Intel Architecture Group(IAG)のエグゼクティブバイスプレジデント、ゼネラルマネージャー、Intel Corporationのチーフプロダクトオフィサーを務める。データセンターを始め、デスクトップやラップトップ、ハンドヘルド、組み込み機器、コンピューターエレクトロニクスなどのあらゆるコンピューティング・通信セグメント向けのIntelのプラットフォームソリューションの事業・開発部門を所管。Intelでの在任期間中には、同社の事業を2008年の350億ドルから2013年には500億ドル超まで成長させたほか、世界35,000人の社員の管理や25億ドル超の投資・M&A案件を所管。Perlmutter currently chairs two non-profit organizations (The Israel Innovation Institute, and Mishelanu – Strengthening Jewish and Israeli identity of 2nd generation Israelis in the US), is a member of the Board of Governors of the Technion, and sits on various boards of startups. During his 34-year career at Intel, Perlmutter held various management positions and was directly developing several of Intel’s major products and technologies that had impact on Intel’s business and the industry. In the early 80s he developed the i387 math co-processor. In late ’80s, he led a small team that architected the Intel’s Pentium Processor. In the 90s, he led Intel into the Data Centre segment with the Intel Pentium Pro and related Server products. Over the past decade, Perlmutter has helped to usher in the age of mobile computing with the introduction of the Centrino™ Mobile Processor which enabled the migration of the PC business from desktop to mobile. He transformed Intel’s product line by creating the Core™ Processor line for the PC and Server market which led to a significant market share and business increase in the PC and Data Center business, and created the Atom processor for the low power end of the market. Perlmutter led Intel into wireless communications via the development of WiFi products for Centrino, and through 3G and LTE acquisitions that provided them with a competitive presence in the field. Perlmutter joined Intel in 1980 after graduating from the Technion, Israel Institute of Technology, with a B.Sc. in Electrical Engineering. He holds patents on branch target buffers and multiprocessing cache coherency protocols. Perlmutter received an award for innovation in industrial development from the President of Israel in 1987 for the development of the i387 math coprocessor. Perlmutter was elected a Fellow of the Institute of Electronics and Electrical Engineers for his contributions to the mobile computer industry.
Lucian Schönefelder
取締役
KKRのディレクター。ヨーロッパのメディア・技術分野におけるプライベート・エクイティ投資とグロース・エクイティ投資を主に担当。
Lucian Schönefelder
取締役
KKRのディレクター(ロンドン在住)。ヨーロッパのメディア・技術分野におけるプライベート・エクイティ投資とグロースエクイティ投資を主に担当。2007年にKKRに参画して以来、同社のTrainline(ヨーロッパの主要オンライン鉄道モビリティプラットフォーム)への投資のほか、GetYourGuide(No.1旅行関連オンラインマーケットプレイス)やOptimalPlus(半導体・エレクトロニクス業界向けビッグデータ分析ソフトウェア)、 Clicktale(デジタルカスタマーエクスペリエンスSaaSビジネス)、Arago(AIベースのIT自動化ソフトウェア)、Scout24 Switzerland(オンライン求人広告アセットに関するRingierとのジョイントベンチャー)、BMG Rights Management(Bertelsmannとの音楽出版ジョイントベンチャー、Bertelsmannに売却)、Fotolia(デジタル画像のNo.1ヨーロピアンマーケットプレイス、Adobeに売却)、Duales System Deutschland(ドイツの大手リサイクル会社、HIGに売却)への投資などに関与。また、KKR Capstoneでは、プロジーベンザット1メディア社内の様々な業務を一年間担当。KKRへ参画する前はJP Morgan(ロンドン)でM&Aを担当。スイスのザンクトガレン大学で経営管理の理学修士号と博士号(最優秀)を取得。
Stephen Shanley
取締役会オブザーバー
KKRのTMT(テクノロジー/メディア/通信)セクターのグロース・エクイティ投資担当プリンシパル。
Stephen Shanley
取締役会オブザーバー
KKRのTMT(テクノロジー/メディア/通信)セクターのグロース・エクイティ投資担当プリンシパル。 KKRによるOptimalPlus、GetYourGuide、Trainline、ClickTale、Aragoに対する投資に積極的に関与。KPMGのトランザクション・サービス部門でキャリアをスタートさせ、その後Needham & Companyの投資銀行部門(TMT関連)、Technology Crossover Venturesのカリフォルニア州パロアルト・オフィス、同ロンドン・オフィスを経てKKRに参画。サンタクララ大学で学士(理学)を取得し、ファイ・ベータ・カッパ(全米優等学生友愛会)の会員に選ばれる。公認会計士。
Shlomo Dovrat
取締役会オブザーバー
ハイテク分野の起業や投資の現場で30年以上にわたりリーダーシップを発揮。
Shlomo Dovrat
取締役会オブザーバー
ハイテク分野の起業や投資の現場で30年以上にわたりリーダーシップを発揮。Violaグループの共同創業者。イスラエルの有力ベンチャーキャピタルであるViola Ventures(運用資産10億ドル以上)のゼネラルパートナー兼共同創業者。その豊富な経験において複数のソフトウェア企業を設立からIPOあるいは売却まで導いたほか、複数のテクノロジー企業の高成長を牽引、助言してきた実績を持つ。ハイテク起業家としてキャリアをスタートさせ、最終的には、複数の大手ハイテク企業のCEO、会長にまで登り詰める。現在はOutbrain、ironSource、OptimalPlus など投資先企業の取締役を務める。同氏はビジネスでの成功にとどまらず、様々な公的事業や慈善事業に積極的に関与。数多くの教育プログラムや地域社会の奉仕活動プログラムにも積極的に関与。イスラエル政府から教育システムを推進する国家タスクフォースの委員長に任命。2009年から2012年までイスラエル民主主義研究所(Israel Democracy Institute)の会長を務める。また、最近設立されたアハロン経済政策研究所(Aharon Institute for Economic Policy)の会長を務める。
Yoav Chelouche
取締役会オブザーバー
20年間にわたりAviv Venture Capitalのマネージングパートナーを務める。Avivの投資先企業6社(Deep Breeze、MGVS、FriCSo、Briefcam、Jettable、OptimalPlus)の取締役を務める。
Yoav Chelouche
取締役会オブザーバー
20年間にわたりAviv Venture Capitalのマネージングパートナーを務める。Avivの投資先企業6社(Deep Breeze、MGVS、FriCSo、Briefcam、Jettable、OptimalPlus)の取締役を務める。過去、複数の技術系スタートアップ企業(Mercury Interactive(NASDAQ: MERQ)、Radvision(NASDAQ: RVSN)、Wizcom Technologies(FWB WZM)、Rosetta Genomics(NASDAQ: ROSG))の資金調達ステージに投資家として参加。 MERQ), Radvision (NASDAQ:RVSN), Wizcom Technologies (GER:WZM), Rosetta Genomics (NASDAQ:ROSG).
KKR(NYSE: KKR)は、プライベートエクイティ、エネルギー、インフラストラクチャ、不動産、クレジット、ヘッジファンドを含む複数の資産クラスの投資案件を管理する、世界的に有名な投資会社です。
詳しくはこちら
Pitangoは、有力なベンチャーキャピタルです。現在、創業から13年を迎え、シードステージからアーリーステージ、エクスパンションステージまで、様々な技術セクターに属する100社以上の企業の成長を支援してきた実績を持ちます。
詳しくはこちら
2001年設立のAviv Venturesは、伝統的な企業や業界にブレークスルー技術を提供する、レーターステージのイスラエル関連企業に投資を行っています。
詳しくはこちら
現在6億ドル以上を受託管理するCarmelは、多数のイグジット実績を持ち、有望なスタートアップに積極的に投資するなど、イスラエルでも有数のベンチャーキャピタルファンドです。
詳しくはこちら
Evergreen Venture Partnersは、アーリーステージ技術への投資を専門とする有力なベンチャーキャピタルです。Evergreenは、現在6億5,000万ドルのプライベートエクイティファンドを通じて、およそ100社の技術系スタートアップ企業に投資を行っています。
詳しくはこちら